封筒のサイズ一覧|郵便局から送る場合のサイズ・料金も

封筒のサイズ表記は「角形〇号」など、普段馴染みのない表記で書かれていることが多いため、どの封筒を選べばいいのか分からず困惑したという人は少なくないでしょう。

また、郵便局で郵送する場合は、封筒サイズや重さにより「定型」もしくは「定形外」に分類されます。自分の送りたい郵送物がどの種類に分類され、郵送料がいくらになるのかを知りたいという人もいるのではないでしょうか。

当記事では、一般的な封筒のサイズ一覧と郵便局で荷物を出す場合のサイズ規格について紹介します。封筒のサイズや郵送料金についてお悩みの人はぜひ参考にしてください。

1.一般的な封筒のサイズ一覧

一般的な封筒の形状には、「角形」「長形」「洋形」の3種類あり、それぞれの形状によってサイズの規格が存在します。郵送する内容物によって、封筒の形状とサイズを選ぶ必要があり、用途によっては使用してはいけない封筒もあるため、封筒の選び方には注意が必要です。

ここでは角形・長形・洋形それぞれの特徴について、サイズの違いや郵送規格、封入できる用紙サイズの種類などを詳しく解説します。

1-1.角形

長形より横幅があり、正方形に近い形をした封筒です。封入する用紙を折らずに入れることができるため、契約書や履歴書などの重要書類を送るときに使用されます。角形封筒はほとんどが定形外郵便になり、郵送料が少し高めです。角形0号、2号、3号、A3号にはマチ付き封筒も販売されています。

名称 サイズ 横×縦(mm) 郵便規格 封入できる紙の大きさ
角形0号 287×382 定形外 B4
角形1号 270×382 定形外 B4
角形2号 240×332 定形外 A4
角形3号 216×277 定形外 B5
角形4号 197×267 定形外 B5
角形5号 190×240 定形外 A5
角形6号 162×229 定形外 A5
角形7号 142×205 定形外 B6
角形8号 119×197 定形 B5横3つ折り
角形20号 229×324 定形外 A4
角形A3号 335×490 定形外 A3
角形A4号 228×312 定形外 A4
角形B3号 375×525 定形外 B3
角形ジャンボ 435×510 定形外 A3

1-2.長形

縦の長さが横の長さの2倍以上ある長方形の封筒です。日本では請求書や領収書などの送付によく利用され、「和封筒」とも呼ばれます。送付する書類を折って入れることが多く、ほとんどのサイズは定形郵便で送れるため、郵送料を安く済ませることができます。オークションサイトなどに出品している小物やアクセサリーの発送にも使用可能です。

名称 サイズ 横×縦(mm) 郵便規格 封入できる紙の大きさ
長形1号 142×332 定形外(規格内) B4横3つ折り
A4縦2つ折り
長形2号 119×277 定形外(規格内) A4横3つ折り
B5縦2つ折り
長形3号 120×235 定形 A4横3つ折り
長形4号 90×205 定形 B5横4つ折り
長形5号 90×185 定形 A5横3つ折り
B5横4つ折り
長形6号 110×220 定形 A4横3つ折り
長形8号 119×197 定形 B5横3つ折り
長形13号 105×235 定形 A4横4つ折り
B5横3つ折り
長形14号 95×217 定形 A4横4つ折り
B5横3つ折り
長形30号 90×205 定形 A4横4つ折り
B5横3つ折り
長形40号 90×225 定形 A4横4つ折り

1-3.洋形

短辺に封入口があった長形に比べ、長辺に封入口がある封筒です。封入口の貼り合わせは主に2種類あり、ビジネス文書向けの「カマス貼り」と案内状や招待状向けの「ダイヤモンド貼り」に分けられます。洋形封筒はDM用のチラシや結婚式の招待状の送付など幅広く使用されます。

名称 サイズ 横×縦(mm) 郵便規格 封入できる紙の大きさ
洋形0号 235×120 定形 A4横3つ折り
洋形1号 176×120 定形 カード・はがき
洋形2号 162×114 定形 カード・はがき
洋形3号 148×98 定形 B5十字折り
洋形4号 235×105 定形 A4横3つ折り
洋形5号 217×95 定形 A5縦2つ折り
洋形6号 190×98 定形 B5横3つ折り
洋形7号 165×92 定形 A5横3つ折り
洋形8号 235×120 定形 A4横3つ折り
洋形長3号 235×120 定形 A4横3つ折り
洋形長4号 205×90 定形 B5横4つ折り
洋形特1号 198×138 定形外 B6
洋形東京3号 170×120 定形外 A5縦3つ折り

2.郵便局で封筒・ダンボールを出す場合のサイズ規格一覧

郵便局から手紙などが入った封筒を送る場合、「第一種郵便物」の規格に従って送る必要があります。第一種郵便物には「定形郵便物」と「定形外郵便物」の2種類あり、定形外郵便物は「規格内」と「規格外」に分類されます。

ここでは、定形郵便物と定形外郵便物についてサイズや重量、料金の違いを紹介します。

2-1.定形郵便物のサイズ・重量・料金

定形郵便物とは、日本郵便が定めている規格内に、サイズと重量が収まっている郵便物のことです。25g以内であれば84円、50g以内だと94円で郵送可能です。サイズは最大・最小の決まりがあります。

  厚さ
最大サイズ 12cm 23.5cm 1cm
最小サイズ 9cm 14cm 0cm

引用:日本郵便「第一種郵便物 手紙 サイズ」

おすすめ商品

■定形郵便最小ダンボール箱

定形郵便の最小サイズで設計されたダンボール箱です。厚み9mm、重量約12gのため、ダンボール箱に切手を直接貼ってポストに投函できます。小物を発送するのにとても便利な商品です。

 

■定形郵便MAX

横の長さと厚みが、定形郵便の最大サイズに合わせて作られているダンボール箱です。中にストッパーがあるため、CDを裸で入れることができます。

 

2-2.定形外郵便物(規格内)のサイズ・重量・料金

定形外郵便物の規格内には、定形郵便と同じようにサイズと重量の規格があります。重量が1kg以内であれば、規格内の料金で送ることが可能です。

重量 料金
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 210円
250g以内 250円
500g以内 390円
1kg以内 580円

引用:日本郵便「第一種郵便物 手紙 料金」

規格内の最大・最小サイズは以下の通りです。

  厚さ
最大サイズ 25cm 34cm 3cm
最小サイズ 9cm 14cm 0cm

なお、発送する物が円柱形の場合、最小サイズは直径3cm、長さ14cmになります。

出典:日本郵便「第一種郵便物 手紙 サイズ」

おすすめ商品

■(軽量タイプ)メール便対応厚紙封筒【A5】(直輸入)

A5サイズの用紙が入る厚紙でできた定形外封筒です。使われている素材は「コートボール」という厚紙で、強度が高いという特徴があります。

 

■【A6/表白】定形外郵便用(メール便対応)

封入サイズはA6用紙ほどで重量28gと軽量な小型ダンボールです。側面が2重、3重構造となっているため強度があります。封緘に便利な両面テープ付きで、封入作業の効率化を図れます。

 

ゆうパケット1~3cm用たとう式箱【A4】

A4のクリアファイルが入る大きさのダンボール箱です。3本の折り曲げ線が入っており、厚みを4mm・14mm・25mmの3段階に変更可能です。

 

2-3.定形外郵便物(規格外)のサイズ・重量・料金

定形外郵便物の規格外は、規格内では収まらない郵便物を指します。規格外にも決まった規格があり、重量は4kgまで送ることが可能です。

重量 料金
50g以内 200円
100g以内 220円
150g以内 300円
250g以内 350円
500g以内 510円
1kg以内 710円
2kg以内 1,040円
4kg以内 1,350円

引用:日本郵便「第一種郵便物 手紙 料金」

規格外の最大サイズは、横と縦と厚さの寸法の合計が90cm以内で、縦の長さは60cm以内です。最小サイズは、規格内と同じサイズになります。

出典:日本郵便「第一種郵便物 手紙 サイズ」

おすすめ商品

■定形外郵便用小型ダンボール箱(規格外サイズ)

材料と形式の工夫で、約23gと軽量化に成功した小型ダンボールです。手のひらサイズなので、アクセサリーなどの小物の発送に向いています。

 

■定形外郵便用ダンボール箱【A4】(規格外サイズ)

3辺の外寸合計が60cmぴったりで、A4サイズがそのまま入る大きさのダンボールです。幅広い郵送物に使用できるため、フリマアプリなどで商品を発送するのに最適です。

 

まとめ

封筒の形状には、「角形」「長形」「洋形」の3種類あり、それぞれ規格や使用用途、郵送料が異なります。用途によっては避けた方がよい封筒もあるため、郵送する書類に合わせた封筒選びが大切です。

また、郵便局から郵送する場合は「第一種郵便物」の規格に従い、郵送料が決まります。第一種郵便物は「定形郵便物」と「定形外郵便物」に分けられ、定形外郵便物の中でも「規格内」と「規格外」に区別されます。

ダンボーWiki@spica-mission」は、ダンボールをはじめとした梱包材を販売する専門店です。さまざまな大きさの封筒や、それぞれの規格に合わせた梱包資材を販売しております。ぜひダンボーWiki@spica-missionをチェックしてみてはいかがでしょうか。